学校を選べる時代だから

コロナ禍というかつてない状況の中でも、各中学は工夫をこらし、預かった生徒をきちんと成長させようと頑張っていました。もちろん、有識者の意見などには賛否があるのは当然ですが、ライブ授業配信やオンデマンドによるオンライン授業や、感染情報の共有、子どもたちや保護者へのカウンセリングなど、私学の対応は大変丁寧でした。岐阜市立の公立中学を否定している訳ではありませんが、生徒の学習面でのサポートには私学が充実していたのではないでしょうか。岐阜市立の公立中学校への進学に迷いが生じている保護者も増えたのではないでしょうか。

学校は選ぶものであるという事実を子育て世代の保護者に伝えたい。

学区という枠で決められた学校にしか進学できない公立中学校では、子ども達への学習環境を重視した学校選びが出来ない。不確実な時代を生き抜くための本質的な学びを提供しているか、人間関係の構築に注力しているかなど、学力の基礎に必要な力を具体的にどの様に提供しているのか、また校外研修や体験学習などの場を設けている学校なら、チームで学んだり、チームで発表したり、課題を見つけ出しそれを解決する何かを生み出したりしながら主体性を作りだしているのかなど、未来に役立つ力なので、こうした取り組みの有無は非常に需要です。

子どもの学習においても、即座に答えが出ることが全てではありません。例えばコロナ禍の個人学習で一層の注目を集めることになったAIによる教育サービスは、機械がマルをつけてくれてすぐに答えが表示され、次々解いていけます。しかし正答を見て終わりにしてしまうのでは、もったいないといえます。学習を定着させるには、正答と自分の答えを比較し、採点する力を伸ばしていくことが大事です。これは簡単なようで、実は訓練が必要です。小学生の学びの代表例としては漢字書き取りのはね・はらいなどが挙げられます。子どもだけの学習では違いに気がつきにくいので、最初は保護者が寄り添って添削してあげるといいですね。

学校選びは保護者の責任としてある意味「能動的」である大切さもお伝えしたいと思います。「うちは中学受験は結構です」と保護者から断られる事がありますが、地域の公立中学が希望通りの学校であれば正しい選択です。通い始めたとしても、不安は尽きないものです。先が見通せない時代は明確な答えがほしくなります。そこで利用されるのがどの学校へ進むかを偏差値で決めるてしまう方法です、これはある意味外部評価での意思決定つまり「受動的」なのです、それよりも「子どもに将来どんな力を身につけてほしいか」をイメージして能動的に子どもの通う学校を選ぶべきだと思います。

正解を見極める力は、先々の勉強にも役立ちます。記述式問題の答え合わせをして「どこをどう変えればいいのか」という視点が備わっているかどうかは、得点力に大きく関わるからです。

同時に、自らを評価し、修正する力を伸ばすことは名門校が重視する「自立心」「自律心」を養う第一歩でもあります。学びの積み上げと人間力の形成にも通じますので、ぜひ意識していただきたいと思います。(談)

次の記事

鮎といえば