中学受験はお得か否か?

お母さんの悩みの一つ教育費の問題に触れてみましょう。

公立と私立では学費が違うのは当たり前でご家族の進学スタイルによっては教育費に大きく差が出ます。最近は大学附属のお受験が人気でしたが学力の面を考慮するとまだまだ中学受験は最初の岐路となる場合も多く、進学後の学費だけでなく、小学校からの塾代も考えなければなりません。

そこでお子さんに中学受験を考える際の参考として、受験のための塾代と進学後の学費の目安をご紹介します。費用と効果の両面から中学受験の意義を考えてみてくださいね。

中学受験に塾代はいくら?

中学受験を考えている人のほとんどは小学4年生から塾に通います。そこで、小学校4年から塾に通った場合の大手中学受験塾の費用をご紹介します。

四谷大塚の資料を元に

この金額は授業料のみの金額なので、この他に夏期講習や冬期講習などの講習費用、テスト代、教材費など、年間20万~30万円程度をプラスした金額を想定しておきましょう。4年生からの3年間で約200万円の費用となります。

何社会か検討しましたが大手中学受験塾は学費の見せ方は色々ありますが概ねこの辺りに落ち着くようです。

私立中学に進学した場合の費用はいくら?

晴れて合格し、私立中学に進学した場合の学費はどの程度かかるのでしょうか。文部科学省の「子供の学習費調査(平成30年度)」によると、私立中学に進学した場合の1年間の学習費の総額(※1)は約140万となっています。公立中学の場合は約48万円となり、私立に進学すると公立のおよそ3倍学費がかかることがわかります。

※1学習費の総額とは、学校教育費(授業料など学校に納める費用)、学校給食費、学校外活動費(学習塾、習い事などの費用)を合計したもの

出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」を元に

この金額は1年間なので、3年間にすると私立中学の場合およそ420万円となります。私立中学の場合、多くが中高一貫校であるため、高校を含めた6年間で考えた方がよいでしょう。先ほどの文部科学省の「子供の学習費調査(平成30年度)」の高等学校の学習費総額も見てみましょう。私立の高等学校の1年間の学習費総額は約97万円となり、公立のおよそ2倍となっています。

出典:文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」を元に

中学から私立に進学した場合、高校までの6年間で学習費総額はおよそ700万円となります。ただし、高等学校の場合は2020年4月から私立高校授業料実質無償化がスタートしているので、対象となれば、授業料が実質無償(所得要件あり)となります。

まとめ

岐阜県も保護者の年収が910万円以下の世帯で高校の授業料が実質無償となるので、3年間で138万3,000円軽減できます。しかし、中学受験を考えているご家庭は、所得の基準を超えており、実際には利用できないケースが多々あるのではないでしょうか。また、支援が受けられても、学費は授業料だけではありません。入学金、施設費、PTA会費、制服代、教材費など、年間20万~30万円程度は授業料以外に必要です。

中学校の3年間は授業料は無償にならないので、最初の3年間は特に教育費を多く見積もっておく必要があります。小学校からの塾代も含めて、私立中高一貫校に進学した場合、トータルで800万~1,000万円程度かかると考えておくとよいでしょう。

これを高いと思うのか、安いと思うのかですが筆者は安いと考えます。その理由を次の機会に書きますね、では