情報リテラシーって?

こんにちは、新規開校の準備やそろばん開校、プログラミング開校など色々進めていたらすっかりブログ更新できていませんでした。何気に2021年最初の投稿になります、皆様あけましておめでとうございます・・・否

『明けてましたありがとうございます』

こちらの方がしっくりきますね。

通塾いただく生徒の役に少しでも効果のある学習方法を毎日勉強していますが、やっぱりインターネットからの情報が大多数を占めてしまいます。皆さんも振り返ってみればそうなってませんか?

実はこのネット情報ってとても便利ですがとても危険なものなんです、今日はそんな内容です。よかったら(有名塾ブログのパクリ)https://sakura394.jp/diary/teach/subsc

皆さんは何か気になる事、例えばお子さんの学習塾をどこに通わせようかと考えた時にまず、スマホでぽちポチしますよね、この辺だと「塾 岐阜市」、「塾 中学生」、「塾 口コミ」などと検索しませんか?

私は100回以上あります自慢( ´∀` )

仮に「塾 口コミ」と検索すると   こんな検索結果が出てきますよね

多くの方が、最初のページにある口コミサイトの中身をみて、良さそうとか、悪そうとかを中の文章をしっかり見極めて決めていませんか?

実は、その手順だと既に誘導されています!

自分で決めたと思っている事が実は誰かの掌の上で踊らされていただけなんて思うと「ゾっと」しませんか?

なかには、「西遊記の孫悟空にやっとなれました」と喜ぶ方もいるかもしれませんが(多様性の認知)かなりの少数派だと思います。

野沢雅子さん画像で検索1ページ目に出てくる画像

私なら是が非でも逃げたいと思ってしまいます。

この最初に出てくる「塾ナビ」とはイクトロという会社さんが運営している口コミポータルサイトというサービスになるのですが、塾側が広告費をお支払いして口コミをもらえるようにページを用意して頂きます。ふつうじゃんと思われるかもしれませんが。

イクトロ社の中身は広告業なので、広告費を多く出す(イクトロ社が儲かる)企業さんにより多くの生徒が集まるように仕組化されています。具体的にはせっかく書き込んだユーザーの批判などは塾側の都合で消せます。つまり、良い塾を紹介して皆さんに本当に良い学習環境を知ってもらうためのサイトではなく、ただ儲かるからやっているサービスなんです。

でも、法律に触れるような悪い事をしている訳ではなくて商売としてはごくごく当たり前であって普通なことなので見たい方は見て、信じたい方は信じれば良いと思います。

私のエビデンスでは会社員時代に多くの後輩を育てましたがこういう他人の口コミを信じて自分の考えみたいに話す人間は揃って無能そして学歴が低かった。ほぼ専門学校卒(無関係の大学を出てから専門学校に入りなおした人も含み)、国立大学から来た後輩は多くがしかっり口コミは信用できないから見ないとしっかり見極めていました。中には、はっきりと「時間の無駄、コマーシャルに踊らされる奴はあほやん」とまで言ってる人間もいましたこちらは有名私立から国立大学出身の先輩です。

実際サクセスゼミにも「塾ナビ」さんからの営業はありますが、すべてお断りしています。こんな良くわからない口コミサイトに自分の大切な塾の情報載せて信用できない口コミ書いてもらって、広告費により授業料を上げなくなっては本末転倒です。

噂レベルですが、口コミを社員が捏造しているなどのきな臭い話も耳にしますし・・・。知り合いの塾長さんも嫌いと言っている方が多くいます。

口コミってつい信じたくなりますが、裏を勉強すると色々な意味で怖くなりますね。

ここで挙げた口コミ情報の様に一見自分で調べた事の様に思いがちですが、実は誘導されていしまう情報(罠?仕組み?)がインターネットたくさん存在します。なかには何の根拠もない情報をあたかも実在する本物の様に発信しているブログなどもあるくらいです。一般的にこれら嘘まじりの情報をしっかり見極める能力を「情報リテラシー」といいます。

刺激惹起性多能性獲得細胞

この「情報リテラシー」という能力は国語力にも繋がります。

例えば先ほどの私の一文を例に挙げると

「この辺の情報をしっかり見極める能力」とあえて書きましたがこれだと伝わりにくい一文になってます。

正しくは「この辺の受動的に与えられた情報をしっかり見極める事の出来る能力」