岐阜県中学の実力テストで理科を10点上げるコツ

だいぶ寒くなって来ましたね、昼間は暑いくらいなのに夜は冷える、寒くなるとなんとなく入試が近くに来たなと感じる塾長です。

サクセスゼミは逆転合格にこだわる塾なので岐阜県内の中学で行われたる実力テストと言われるものには対策をあえてしていません、テストと言うだけで対策が必要と言われる時がありますが基本毎日少しずつを大切にしていますので一夜漬け感のあるテスト対策は定期テストのみと決めて取り組みしております。

テストはやる前の準備期間の長さとやった後の確認までのスピードが1番大切です。

しかし、今日の天気が頗る(読めますか?)良いので、生徒の要望にお答えする型で予想立てて見ましょう

塾長得意の理科です。

点数の取りやすい生物から出題、遺伝が範囲になっていたのでこちらを採用!

もうこの様な出題形式は受験生なら慣れたものだと思いますが、皆さんどう解きますか?

「しっかり問題文を読んでから、表現に注意して問題に取り組みましょう」と教えられる塾ならスッパリ辞めましょう理科の基本のキもありません。

岐阜県中学の実力テストで理科を10点上げる解き方は簡単

会話文は飛ばして設問と解答形式から読む

これだけです、会話文は後から読みます。

問題を作る人の気持ちになればわかるのですが問題文には時間稼ぎの意味合いもあります、それを素直に全て朗読するのは解き終わった後で充分です。

これだけで時間にして5分の節約、テストが45分だとしたら11%の効率化になり見直し効力を加味すると10点以上の上乗せ効果が見込めます、さらに、この形式での出題は今後増加していくため、地学分野でも利用できそう、そうなれば効果は倍速します、是非真似して下さいね。

これは、理論的には全員が点数アップ出来る方法なのですが、例外な生徒がいます。

例外に、該当する生徒はこの方法では逆効果になりさらに他の教科も下がるリスクになります。ご注意下さいね

正直、テクニックの部分は問題から読むだけなので誰でもできる方法ですが塾ではさらに詳しく確実に点数アップできる

「サクセスゼミ塾長理科Labo」にて生徒は解答時間五分短縮テクニックを、自然に身につけています。この方法で昨年清流中3年で45点上げてクラス5位まで上がった生徒がいました、今年の3年生も理科20点以上アップの実績多数です。成績も4や5を貰う生徒が毎年続出中。

気になる方はお問い合わせ下さいhttps://success-semi.com/form/

頑張れ清流中、島中、西中、青山中の生徒達

前の記事

今年も出ました高校生100点